血流改善に効果が期待できるオメガ3(オメガ脂肪酸)サプリはこれだ!

オメガ3サプリはアレルギーに効果あり?

オメガ3サプリはアレルギーに効果あり?

 

オメガ3という成分をご存知でしょうか。
通常の食生活では不足しがちな成分のひとつですが、健康のためには積極的に摂取したい栄養素です。
アレルギーにも良いとして注目されているオメガ3アプリをご紹介いたします。

 

オメガ3は体に必要な脂肪酸の一種

オメガ3(オメガ3脂肪酸)は、健康食品としても注目されることが多くなっています。

〇オメガ3とは
まず、オメガ3はどのような成分なのか説明していきましょう。
脂肪酸というのは脂質、つまり油を構成する成分のことです。
脂質は、とりすぎると肥満や生活習慣病を招くことから、脂肪酸もあまり体に良いものではないという誤解がもたれがちです。
しかし、脂肪酸は生命を維持するために欠かせないもので、適切にとっていれば健康を害することはありません。
また、脂肪酸の中でもオメガ3のような「不飽和脂肪酸」に分類されるものは、コレステロールを抑制したり、血液の流れを良くしたり、生活習慣病を予防する効果も期待されています。
ちなみに、オメガ3脂肪酸はひとつを指す名前ではなく、いくつかの脂肪酸の総称です。

〇オメガ3の由来
オメガ3という名前は、専門的な用語で言うと「脂肪酸を構成する炭素の結合の仕方が3位」という意味からつけられていて、ほかにオメガ6脂肪酸などがあります。
オメガ3のグループに属する脂肪酸では、アルファリノレン酸エイコサペンタエン酸(DHA)エイコサペンタエン酸 (EPA)などがおなじみです。
特にDHAとEPAは悪玉コレステロールを抑制して善玉コレステロールを促進させる作用が期待され、血圧やコレステロール値が気になる人にすすめられてきました。

〇アレルギー予防にも効果
近年は、アレルギー予防にも効果が期待できるとして注目され始めています。
なぜオメガ3にそういった作用があるのかというと、症状を引き起こすアラキドン酸の過剰なはたらきを抑制するといわれるためです。
アラキドン酸も脂肪酸の一種ですが、肉やに含まれる脂肪や大豆油・綿実油などを大量摂取すると体内で増えやすく、増えすぎると体の痛みなどの原因にもなってしまいます。
体質改善したい人は、オメガ3を積極的にとって肉の脂肪や油を控えると良いでしょう。

 

オメガ3はどのような食品に含まれている?

オメガ3はどのような食品に含まれているのでしょうか。
オメガ3の中で、アラキドン酸を抑制し症状が出るのを抑えるとされるのが、DHAやEPAですが、これらは、マグロ、イワシ、サバ、サンマなど青魚の油に豊富に含まれています。
健康効果を期待する人は、積極的にこれらの青魚を食べるようにしましょう。
DHAやEPAは肉からは摂取が期待できません
肉派の人は、時々メインのおかずを時々肉から魚に変えて、DHAやEPAの摂取を心がけましょう。

 

オメガ3はサプリメントから摂取するのがおすすめ

いくらオメガ3が健康のために良いと言っても、青魚ばかり食べるのは難しいという人も多いはずです。
また青魚を積極的に食べたいと言っても、過剰摂取はおすすめできません
青魚は脂が乗っているぶん、カロリーも高めです。
そのため、青魚を食べ過ぎると、オメガ3はたくさんとれてもカロリーオーバーで肥満を招くことになってしまいます。

〇サプリで一定量摂取
そこでおすすめしたいのが、オメガ3サプリで食生活をサポートするという形になります。
サプリメントはほしい成分がギュッと詰まっていながら、毎日摂取してもカロリーのとり過ぎの心配がないので、ダイエット中の人も安心して利用できます。
また日本は世界的に見ても魚食の国ではありますが、それでもDHAやEPAの摂取量はそれほど多くありません。
健康管理のためにももっと摂取量を増やすことが理想です。
あくまでも規則正しい食生活を基本として、不足しがちなDHAやEPAをサプリメントで補足する形で健康管理を心がけると良いでしょう。
オメガ3が十分に摂取できていれば、体質改善も期待できるはずです。

〇まとめ
オメガ3は生活習慣病アレルギーを予防する効果が期待されます。
DHAやEPAは青魚に豊富に含まれますが、通常の食生活では十分に摂取できません。
そこでサプリメント上手に併用し、不足しているオメガ3を補うことで健康を促進していくこともおすすめします。