血流改善に効果が期待できるオメガ3(オメガ脂肪酸)サプリはこれだ!

オメガ3サプリで若さを保つのに効果的

近ごろ物覚えが悪化した、身体の健康のためにライフスタイルを見直したい、加齢によってそのような悩みを留意し始めたという人は多いでしょう。

こういった方に推奨したいのがオメガ3脂肪酸になります。

こちらの脂肪酸は体のあらゆる所に対応する若さのキープの効果が期待できます。

情報テレビ番組でもオメガ3脂肪酸をテーマにしており、その有効性の情報は拡大しています。

 

オメガ3脂肪酸摂取がもたらす主な効果

オメガ3脂肪酸においては、α-リノレン酸及びDHAやEPAなどがあります。

α-リノレン酸につきましては、食べ物からしか摂取することができない必須脂肪酸になります。

体内に入ると身体の中で変換されることになり、一部がDHAやEPAに変化します。

DHAやEPAについては青魚に含まれている脂肪酸として知られています。

オメガ3の効果として、脳の老齢化を抑え、動脈硬化を阻止しコレステロールを下げます。

さらに中性脂肪を下げ、心臓病や、脳卒中などの生活習慣病を防止します。

抗うつ作用があり、ストレスを和らげ、シェイプアップの促進やアレルギー症状を緩和などがあります。

加えて皮膚を綺麗にし血管の弾力性を高めます。

このようにして見ると、オメガ3は広い範囲にわたる健康効果があります。

 

オメガ3脂肪酸によって脳の老齢化を抑えられます

物覚えが悪化する、人の名前が思い出せないなど脳の加齢現象はちょっとした瞬間に体感します。

脳の神経細胞につきましてはそれなりの年齢から減り始め、それから再生されず、脳神経細胞のDHAも年をとるごとに減り易くなると言われています。

しかしながら、オメガ3脂肪酸に区分けされるDHAには、脳の加齢現象に歯止めをかけるという効果が期待できるといわれています。

DHAに関しては元来脳の元となる神経細胞膜の中にあって、そのDHAのボリュームが多くなるほど膜については柔らかくなると言えます。

それから神経伝達物質の生産する量が高くなって脳内の情報伝達が促進されます。

加齢現象によりDHAが減少してきても、残存している神経細胞が活動的であれば脳の加齢現象は食い止められるとされています。

このことより、DHA取り入れは脳のアンチエイジングに力を発揮するといえます。

 

体調維持で大事な血管年齢を若くします

日本国内においての三大死因と言いますと、心臓病、さらに脳卒中とされています。

このうちの心臓病また、脳卒中は動脈硬化が影響を及ぼしやすい病気といわれています。

動脈硬化と言いますのは血管の柔軟性が無くなり固まってしまうことから現れてくるもので、これに関しては血管老化の典型ともいえる特有の症状です。

動脈硬化の原因としては、喫煙や食生活そして運動不足などの他にもたくさん原因がありますが、大半が生活習慣が大きく影響しています。

ですから血管のアンチエイジングとして有効なのは、生活習慣改善ということを意味します。

さらに、オメガ3脂肪酸、とりわけDHAやEPAには、血管の柔軟性を高めたり、赤血球の柔軟性を改善する効果を発揮します。

血の流れをサラサラにし、その上血管そのものを若返らせる効き目があるということです。

生活スタイルの見直しと共に、オメガ3脂肪酸を長い期間にわたって体に取り入れることで若さが感じられなくなった血管の改善が望めます。

因みに、肌トラブルやシワといった皮膚の乾燥により引き起こされる肌の悩みは血の汚れが起因といわれています。

血管や血液が若返ることを通じて、素肌のくすみや吹き出物の阻止といった美肌効果も望めます。

 

以上のように、オメガ3脂肪酸は若さを保つのに効果的といえます。

そしてオメガ3脂肪酸の必要な量は、一週間あたり2回ぐらい青魚を摂取すると十分に取り込めるといわれています。

しかしながらDHAやEPAといったオメガ3脂肪酸は、調理プロセスで酸化され正常に動かなくなる可能性がある成分といえます。

成分を要領よく摂りたい方は、オメガ3サプリメントをお勧めします。

サイト内検索